ゲーム

洗っても臭い!男性の頭皮の臭いの原因とは

公開日: : 最終更新日:2015/12/07 頭皮の臭い

頭皮が臭くなる原因

ef4786f378a6073b569ba90666e917db_s

頭皮が臭くなる原因は幾つかあります。

一つ目は、ノネナールという体臭成分で、

皮脂に含まれるヘキサデセン酸が分解されることで発生致します。

皮脂が細菌によって分解されるため起こる臭いです。

二つ目にシャンプーにあります。シャンプーは油で出来ており、

あまり使いすぎたり、洗い流しが残ったりすることで、

残った油を雑菌が食べるこおもあり、

雑菌が増える可能性が増えますので、

シャンプーはしっかり流す必要があります。

三つ目に皮脂の酸化です。

皮脂の酸化は活性酸素が関わっており、アルコール、

タバコ、食生活の乱れ、ストレスにより活性酸素が増えていきます。

肉食や動物性タンパク質、脂肪は悪臭の元になりますので、

脂っこい食べ物を控えて、野菜や穀物類を

しっかり食べるようにした方が良いです。

ストレスは皮脂の分泌異常を起こしますので、

ストレスが掛からない生活を心掛けて、

自分なりのストレス解消方法を探していくと良いでしょう。

頭皮を常に清潔に保つ

7f7a65639d9745da2375c20b0591f8e2_s

 

改善方法としましては、

頭皮を常に清潔に保つことにあります。

清潔を保つといっても、一日何度もシャンプーすると、

逆に必要な皮脂まで落としかねませんので、

シャンプーは一日一回だけにした方が良いでしょう。

シャンプーは髪の毛でなく、頭皮を洗います。

頭皮の洗わないと汚れが残りそれが臭いの原因となります。

リンスは頭皮じゃなく、髪の毛を洗います。

リンスはシャンプーより油分が多いので、

洗い残しがあると毛穴が詰まり、

臭いや薄毛の原因となります。

生活習慣の改善

002520863e99d69344f0a831a18a9c16_s

生活習慣の改善も頭皮の臭いを消すためには必要です。

食生活では、脂物を控えて野菜中心の食生活を送り、

髪の毛の栄養となるタンパク質、

納豆やナッツ類などを摂取し、生活習慣の改善を行えば、

頭皮も改善していきます。

シャンプー以外にもヘアケアとして、

頭皮マッサージも効果があります。

1aae3524cba9ed317c5c8aa44a61dee1_s

マッサージを行うことにより、血行が良くなります。

頭を触って硬くなっている部分や茶色に変色している

部分は血行不足となっておりますので、

マッサージすることにより改善致します。

このように、頭皮の臭いは自分次第でいくらでも改善できます。

間違ったヘアケアを学び、正しいヘアケアを行い、

脂物を控えた食生活の見直し、ストレス解消方法を見つけるなど、

自分次第で対策、改善が可能となっております。

頭皮が臭くても、諦めず改善へ努力していけばいい方向へ

向かっていきますので、

対策をしっかり練り、続けていくことが大切になっております。

自宅で発毛

スポンサードリンク



関連記事

記事はありませんでした

自宅で発毛

スポンサードリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

自宅で発毛

スポンサードリンク



a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s
抜け毛は季節の変わり目で変わる?

抜け毛の時期 人は必ず抜け毛の時期がきます。 男女共に

2e4414edfa8379a4badd9e92aee18db7_s
薄毛の隔世遺伝はあるの?

薄毛の隔世遺伝 薄毛の隔世遺伝は、 必ずとは言い切れま

8046d418af4aceca5188cec74886b44c_s
薄毛でスカスカの場合どういうところでヘアーカットすればいいのか

薄毛のヘアスタイル 薄毛、禿の悩みは千差万別ですが、

8a4a0d99d38b03397e6db0ac6aff5e0d_s
禿げだしたらオススメの髭ボウズにしてみよう

髭ボウズ 出典:ameblo.jp 薄毛や禿の目立つ方にと

11730e2476164ed5af5456996e15eefd_s
天然パーマの薄毛でもお洒落に決める髪型とは

天然パーマの薄毛 出典:chiebukuro.yahoo.c

→もっと見る

PAGE TOP ↑